KAWAI(カワイ)の電子ピアノについて

カワイの電子ピアノの写真「KAWAI(カワイ/河合楽器製作所)」は、ヤマハとともに日本を代表するピアノメーカーの一つで、ピアノ販売で世界トップクラスのシェアを占めています。

カワイはもともと「最高級ランクのグランドピアノの音色やタッチを再現したい」という気持ちから電子ピアノを製作しているので、常にアコースティックピアノの最高位を目指し、電子ピアノの改良に取り組んでいます。

電子ピアノは、カタカナ英語でデジタルピアノとも呼ばれています。
どちらかというと電子ピアノという言葉が一般に浸透している印象ですが、カワイはデジタルピアノと呼称しています。

初心者におすすめのエントリーモデルから、基本的な性能(鍵盤のタッチや音色、同時発音数の多さなど)が高く、本格的なピアノの練習にぴったりのメーカーです。

現在、さまざまなメーカーから豊富な種類の電子ピアノが販売されていますが、どうしてもグランドピアノとは違い、鍵盤の戻りなどに不満を感じるという人が大勢います。

カワイの製品は、比較的グレードの低いスタンダードモデルから木製鍵盤が採用されているということだけを見ても、グランドピアノに近づけようとしているのが分かるでしょう。

プラスチックの鍵盤を叩くというイメージではなく、木製の鍵盤を叩くことによって鍵盤そのものが指と一体化され、演奏するのが楽しくなるような電子ピアノ作りを心がけているようですね。

ピアノを演奏する際にはタッチフィーリングがとても大切だと言われますが、カワイの電子ピアノはその部分にこだわっているので、本格的に音楽に取り組み、ライブなどを行っている人たちも購入しているようです。

鍵盤について

カワイの電子ピアノは、グランドピアノのタッチにこだわり、鍵盤の操作性がとても高いといわれています。

他のメーカーに比べて鍵盤はやや重めで、「鍵盤のリアルさにこだわりたい」という方におすすめです。

鍵盤の種類は3タイプあり、アクション構造もカワイ独自のもので、他メーカーとは大きく異なります。

RHⅢ(レスポンシブ・ハンマー・アクションⅢ)鍵盤 主に10万円クラスの電子ピアノ。すべての鍵盤に「鍵盤ウェイト」を搭載し、木製鍵盤のような重みのあるタッチ感となっています。他社製品と比べて、同価格帯では最高レベルの鍵盤といえるでしょう。
グランド・フィール・スタンダード・アクション鍵盤 主に17万円クラスの電子ピアノ。白鍵・黒鍵ともに木製で、グランドピアノと同じシーソー式の構造になっているので、リアルな弾き心地が得られます。
グランド・フィール・アクションⅡ鍵盤 主に25~35万円クラスの電子ピアノ。ハンマーを跳ね上げるシーソー式の構造で、鍵盤をゆっくりと押さえた時に感じるクリック感など、細部に至るまでグランドピアノに近づけています。

中級グレード以上のモデルに搭載されている木製鍵盤は、材質のみならず構造に関してもグランドピアノの鍵盤フィーリングを徹底的に再現しています。

音域での鍵盤の重さの違いはもちろん、強弱における押し込み感についても、リアルな質感にこだわっています。

音について

カワイの電子ピアノは、クリアな音質で深みのある音の響きが特徴で、低音は重厚感があり、高音はキラキラしています。

フルコンサートグランドピアノから細かく録音された音色が収録されているので、演奏を行った際の音色の余韻などもしっかりと楽しむことができます。


ラインナップがそれほど多くない代わりに、各モデルに搭載されている機能や性能がはっきりしています。

近年、電子ピアノはどんどん軽量化され、コンパクトになっていますが、カワイはそうしたことにはこだわらず、しっかりと重量感のあるデザインに仕上げています。