KORG(コルグ)の電子ピアノについて

コルグの電子ピアノの写真「KORG(コルグ)」は、Roland(ローランド)と同じく日本を代表する電子楽器メーカーです。

電子ピアノ(デジタルピアノ)やシンセサイザーを展開し、中でもシンセサイザーは世界中に根強いファンがたくさんいます。

コルグの電子ピアノは、プロ向けのシンセサイザー開発で培った技術を搭載しつつも、価格を抑えたコストパフォーマンスの高さが魅力で、手軽にピアノを楽しみたいという方におすすめのメーカーといえるでしょう。

また、見た目にもモダンでおしゃれという特徴があるので、どちらかというと大人が趣味で弾くのに人気があるようです。
シンプルですっきりとしたフォルムは、グッドデザイン賞も受賞しています。

カラーもブラックやホワイトだけでなく、レッドやツートンカラーなどの目を引くモデルや、パーツの色を選んでオーダーメイドできるといった製品も発売されました。

どのメーカーも、電子ピアノの製造は海外が主流なのに対して、コルグはMADE IN JAPANにこだわり、京都で多く作られています。

鍵盤について

同価格帯の電子ピアノの中では連打性も良く、しっかりとしたタッチ感を得られます。

NH(ナチュラル・ウェイテッド・ハンマー)鍵盤 KORGの電子ピアノの中ではグレードが低い部類の鍵盤になりますが、低音部は重く高音部は軽いピアノの構造をしっかりと再現しています。
RH3(リアル・ウェイテッド・ハンマー・アクション3)鍵盤 ハンマーを4段階の重さに分け、低音部ではより重く、高音部ではより軽い感触が得られます。国産鍵盤で、シンセサイザーやステージピアノ等にも搭載されている、KORGで1番の鍵盤です。

音について

コルグの電子ピアノは明るくクリアな音が特徴で、キレイに響いてくれます。

内蔵されている音色は、ピアノだけでなくビブラフォンやストリングス等いろいろありますが、中には「左手側はベースで右手側はピアノ」という組み合わせの音色を内蔵した機種もあります。


コルグの電子ピアノにはデジタルならではのさまざまな機能が搭載されており、ピアノに別の楽器の音色を重ね合わせることや鍵盤の左側と右側を同じ音域にして2人で演奏することも可能になっています。

機能はどれも簡単なスイッチ操作ですので、初めて電子ピアノを使用する人でも操作に困るようなことはないでしょう。

メンテナンスや修理について

電子ピアノは、楽器である前に電子機器です。そのため、ある程度の劣化や故障などは、どうしても避けられません。

一般的なピアノ(アコースティックピアノ)とは異なる不具合が起こることが考えられ、メンテナンスや修理は『電子機器』扱いでの対応となります。

メンテナンスについて

基本的に、電子ピアノは整備不要なメンテナンスフリーですので、日常的なお掃除はホコリや汚れをとる程度でOKです。<参考>電子ピアノとピアノの違い

外装や鍵盤のお手入れには、乾いた柔らかい布か、水を含ませた柔らかい布を固く絞って使用しますが、たとえ小さなホコリでも、あまり強い力で拭くとスリ傷の原因になりますので、ご注意ください。(洗剤、ベンジン、シンナー、化学ぞうきん等の使用は、変色や変質の原因となります)

楽器店に行くと、ピアノクロスと呼ばれるピアノ専用の拭きものが売られていますので、そちらを購入するのが一番安心かもしれませんね。ピアノクロスを用意できない場合は、メガネ拭きがピアノクロスと材質が近いようです。

ホコリが電子ピアノの内部に入ると、基盤が故障する原因にもなってしまいます。鍵盤の間のホコリも、きれいに拭きとるようにしましょう。

また、素手で直接ふれる鍵盤は、汗や手の油などの汚れがもっとも付着しやすいところです。汚れた手で電子ピアノを弾かないのは勿論のこと、弾いた後はこまめに拭きましょう。

油脂成分は、時間が経つと取れにくくなります。
汚れが目立つ時には鍵盤専用クリーナーを使うという手もありますが、薬品と鍵盤の相性が悪い場合も。もしメーカーが推奨する鍵盤クリーナーがあるのなら、そちらを使用することをおすすめします。
選ぶのに迷ったり不安を感じた時は、楽器店に相談をすればお持ちの電子ピアノに合ったメンテナンス方法を教えてもらえるでしょう。

もし爪が伸びていたら、短く切ってから演奏することも大切です。長い爪で鍵盤の表面が傷つけられてしまうと、汚れが付着しやすくなるからです。

樹脂製(プラスチック)のペダルは、外装や鍵盤と同様に柔らかい布で拭きます。真鍮(しんちゅう)やメッキ製のペダルの場合は、ピアノコンパウンドという研磨剤入りのクリームで磨くと、きれいにすることができます。

こまめにお掃除をすれば、電子ピアノをいつまでも美しく保てます。

修理について

電子ピアノの故障で多いのは鍵盤の接触不良ですが、他にもスピーカーから音が出なくなったり、鍵盤が押したら戻ってこなくなった等といった故障も見られます。

アコースティックピアノとは異なり、電子ピアノは調律の必要がありませんので、メンテナンスをしていないことが原因で「音程がおかしい」「音がズレている」ということは当然ありえません。

もし、音が出ない等の何らかのトラブルが起きた場合には、該当部品の交換という対処になります。

以下は、よくある故障とその対処方法です。

電源が入らない
電源部分の劣化やケーブルの断線が考えられ、その部分の交換が必要になります。
鍵盤から音が出ない
基盤が損傷しているか、基盤の接点の不具合で反応しなくなっている可能性があるので、修理は基盤に手を加える必要があります。状態によっては修復できないことも。
鍵盤の戻りが悪い、ガタガタする
鍵盤自体の破損か、鍵盤クッションのフェルトの劣化が考えられます。鍵盤破損の場合は鍵盤を交換するか、破損した部分の修理を行います。フェルトの劣化の場合は、鍵盤クッションを交換することで、鍵盤を押した時の感覚が復活します。

電子ピアノの修理には、メーカーのサポートに連絡をしてメンテナンススタッフに来てもらう(出張修理)か、メンテナンスセンターに持ち込んでの修理(持ち込み修理)、あるいは送って直してもらう(送付修理)という方法があります。

メーカーによっては、保証期間内であっても条件によって費用負担となることもあるようですので、事前に問い合わせるのがおすすめです。

自力での修理を考える方もいるようですが、電子ピアノは構造が複雑なので、なかなか素人が行うには難しいかもしれません。たとえ修理できたとしても、またすぐに故障してしまう可能性もありますし、場合によっては故障を悪化させてしまうことも。

専門の業者が電子ピアノを修理・メンテナンスしている画像その点、プロに任せてしまえば、再び安心して使うことができるようになります。

しかし、電子ピアノやエレクトーンの場合、特定のメーカーのみの修理対応であったり、製造年で修理対応が不可になるケースもあります。

急ぎで修理をする必要がある場合は、このサイトのような電子ピアノ修理の専門業者に依頼するのも良いでしょう。 ⇒ YMC音楽センター|電子ピアノ・エレクトーンの修理・メンテナンス

※修理依頼をする前に、メーカーのホームページに掲載してある修理・故障に関するQ&Aを読んでおくことで、問題が解決する場合もあります。困った時は、ぜひ目を通してみてください。

電子ピアノの修理・メンテナンスの費用はいくら位かかるものなのでしょうか?

ヤマハさんの場合は、下記の通りです。

記載の料金は、修理料金(技術料+部品代)の目安です。出張修理の場合は訪問地域によって別途出張料がかかりますし、送付修理の場合は別途代引き送料や手数料がかかります。

電源が入らない 10,000~25,000円
音が出ない 20,000~25,000円
鍵盤を弾くとカタカタと音がする 10,000~20,000円

※ヤマハHPより抜粋(2017年9月20日現在の内容になります)
【電子ピアノ】どのくらい修理費用がかかりますか?

使用開始から10年以上が経過した製品の修理料金は別途見積もりとなるので、ここで紹介した費用はあくまでも参考程度にしておきましょう。

電子ピアノの補修用部品は永久に供給されるものではなく、メーカーによって最低保有期間が定められています。
その期間は製品ごとに異なりますが、おおむね製品の生産終了後6年~8年間です。それを超えてしまうと部品の供給は保証されませんし、修理後に製品の性能を維持できない可能性があるため、修理自体を受けてもらえない場合もあります。

手頃な価格で購入できる一方、修理や買い替えの必要が出てきてしまうのは、電子部品からできている電子ピアノの宿命であり、生ピアノのように、「一生もの」という訳にはいかないということですね。

電子ピアノの寿命はどれくらい?

首を傾げる女性のイラスト生ピアノ(アコースティックピアノ)と比べると、価格がはるかに安い電子ピアノですが、「寿命はどれくらいなの?」という疑問があるかと思います。

電子ピアノ・デジタルピアノは電子機器ですから、その寿命については一般的な家電製品(テレビ・冷蔵庫・洗濯機など)と同じ考え方になります。

もっとも壊れやすいのは、鍵盤やペダルや蓋(ふた)などの可動部ではなく、内部に搭載している電子部品のようです。

技術的な進歩によって故障しづらくなってきてはいますが、構成する個々の部品が劣化したり、壊れてしまうことは当然あります。たった一つの部品が壊れても、それがもし重要な箇所であった場合には動作しなくなることに。

その場合、「故障した部品を取り替える」あるいは「修理する」ことによって再び機能するようになるので、メンテナンスさえしっかりと行なっていれば、その寿命は半永久的と言えるかもしれません。

しかし、実際には電子ピアノを構成する部品はいつまでも供給されているわけではなく、製造・供給される期間が製品ごとに決まっているため、その供給期間によって製品そのものの寿命が左右されるということに。

電子ピアノの場合、製品の生産終了から6年~8年間はその構成部品を供給するので、その期間内であれば修理は可能です。流通している電子ピアノの販売期間は短く、一部の人気機種を除くとおおよそ2年以内です。つまり、8年~10年間は壊れても直して使い続けられる計算になります。

もちろん故障しなければ、もっと長期に渡って使い続けることはできます。
扱い方や使い方によっても大きく変わってくると思いますが、15年~20年と同じ電子ピアノを弾いている人もいます。

しかし、電化製品を使っていると分かると思いますが、長く使えば使うほど、故障頻度は上がってきます。要するに、寿命を迎える部品がどんどん増えてくるということです。

そう考えると、だいたいの目安として10年くらいが電子ピアノの寿命と言えるのではないでしょうか。

たとえば、お子さんが小学校に入学するのと同時に電子ピアノを購入したとすると、中学校を卒業するまでの9年間、高校卒業までなら12年間で、だいたい電子ピアノの寿命と一致します。それ以降もピアノを続けるのであれば、その時にまた新しいピアノの購入を検討してみるのもいいかもしれませんね。


扱い方や置き場所によって、電子ピアノの寿命を縮める原因となってしまうこともあります。

まず、どの家電にでも言えることですが、乱暴に扱うのはもってのほかです。
電子ピアノの鍵盤部やペダル部、ヘッドホンプラグ部などの全てにおいて、使用するうちに劣化してしまうのはどうしても避けられません。それが乱暴に扱うことによって、破損などを含めて、さらに劣化を進めることに。

大切に扱えば扱うほど、比例して寿命も伸びると言っても過言ではありません。

電子ピアノにはフタがあるタイプとないタイプがありますが、フタがないものの場合は鍵盤部分が常にむき出しになってしまうので、カバーを付けることをおすすめします。普段からカバーをかけておくことで、ホコリが溜まるのや傷がつくのを回避できることも。

次に置き場所ですが、電子ピアノの最大の天敵は湿気です。

窓やエアコンのイラスト窓際で外気の雨が当たってしまう場所はもちろん、加湿器を多く使っているような場所には、なるべく設置しない方がよいでしょう。

意外と気がつかないのは、直接エアコンの風が当たるところです。
エアコンの風には多くの水分が含まれているので、湿度が高ければサビの原因になりますし、電子ピアノ内部に水が入り電子回路が壊れることもあるからです。

また、窓の近くなど、ずっと直射日光が当たるような場所は、内部の温度が上がることで部品が歪んだり破損する恐れや、電子ピアノ本体の変色につながります。

スタンドのないポータブルタイプの電子ピアノを立てかけた状態で保管するのも、鍵盤の故障につながる可能性があるので気をつけましょう。


値段の高い電子ピアノなら、安いものよりも長くもつんじゃないかと何となく思ってしまいますが、価格や機能の優劣は寿命とは関係がありません。

ただ、高価な電子ピアノの方が複雑な作りになっているので、もしかしたらシンプルで安価な電子ピアノの方が故障しにくいと言えるかもしれませんね。